長期優良住宅には税金控除のメリットも!

 

皆さんこんにちは。神奈川県藤沢市を拠点に、湘南エリア(藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、逗子、葉山)、横浜、小田原で新築住宅やリフォームを手がけている大平工業です。


家づくりについて調べていると、「長期優良住宅」という言葉がしばしば出てきます。

この長期優良住宅、住まいが高性能で長持ちするだけでなく、さまざまな税金控除のメリットがあることはご存じですか?

今回は長期優良住宅による税金控除のメリットを紹介します。



■長期優良住宅ってどんな家?



長期優良住宅は、長期にわたり良好な状態で住み続けられるよう対策を講じた住宅のこと。

2009年6月に法律として施行され、建てても10年ほどの短期間で壊してしまう従来型のスクラップ・アンド・ビルド社会から、ストック型社会への転換を目的としています。


長期優良住宅では、主に4つの対策をとることが定められています。

長期的に使用するための構造・設備、居住環境への配慮、一定以上の住戸面積、維持保全の期間・方法を決めている、といったことです。


そして長期優良住宅の認定を受けるためには、「劣化対策」「耐震性」「維持管理・更新の容易性」「省エネルギー性」といった認定基準を満たすことが必要です。

たとえば「劣化対策」を挙げれば、「劣化対策等級(構造躯体等)等級3」かつ構造の種類に応じた基準をクリアしなければなりません。また木造の場合は、床下空間の有効高さの確保や、床下・小屋裏の点検口設置が求められます。


さらに「居住環境(周辺地域の調和)」「住戸面積(戸建ての場合は75㎡以上)」「維持保全計画(構造・雨水侵入防止箇所・給排水設備の定期的な点検や補修計画)」など、細かく基準が設定されています。



■長期優良住宅で受けられる税金の優遇



長期優良住宅を建てるのって大変そう……と思われるかもしれませんが、そこはベテランの建築業者に任せておけば大丈夫。一つひとつを取り上げるとハードルが高そうな印象ですが、家づくりのプロからすると、快適に長く住み続けるための標準的な仕様です。


そしてこの長期優良住宅は、税金の優遇というメリットがあるのがうれしいところ。

税金の優遇制度を以下に紹介します。


●住宅ローン控除

一般住宅なら控除対象限度額が4,000万円 のところ、長期優良住宅なら 5,000万円に。最大控除額は10年間で500万円になります。


●不動産取得税

一般住宅なら1200万円控除のところ、さらに100万円プラスされて、長期優良住宅なら1300万円控除されます。


●登録免許税

通常は不動産の価格に対して0.15%の税金がかかるところ、長期優良住宅なら0.1%に。所有移転登記についても軽減されます。


●固定資産税

一戸建ての一般住宅なら3年間減額されますが、長期優良住宅なら5年間に延長されます。




■長期優良住宅を建てるなら大平工業へ



いかがでしたか?

家を建てる時は土地代と建築費だけで予算を考えがちですが、実は建てたあとの税金についても考えなければなりません。こうした税金は積もりつもってかなりの額面になるので、減税は大きなメリットとなるのです。


長期優良住宅の減税措置は、年度によって見直しが図られる可能性もあり、入居時期によっても減税率や控除額が異なります。

家づくりを考えている方は、早めに地元の信頼できる業者に相談するとよいでしょう。


藤沢市辻堂に拠点を構える大平工業では、今回ご紹介した長期優良住宅はもとより、「ZEH(ゼッチ)」のような高性能・省エネ住宅や、「Arie」や「HUCK BASE」をはじめとするライフスタイルに合ったデザイン性の高い住まいをご提案いたします。

新築のみならず自然素材を使ったリフォームにも対応しておりますので、まずは資料請求などをはじめ、お気軽にご相談ください。


<木をふんだんに使った家 HUCK>

https://taihei-u110.com/huckbase


<家族のスタイルに合わせて選べる長期優良住宅 Arie>

https://taihei-u110.com/arie