住宅ローンで家を建てよう!メリットや組み方のポイントを解説

 


家はとても高価な買い物なので、購入する時に住宅ローンを組まなければいけない方がほとんどです。しかも、ローンは1、2年で終わるのではなく、最長35年も支払わなければなりません。そのため、住宅ローンを組む時は、自分に合った無理のない内容にする必要があります。今回は、住宅ローンのメリットや組み方について見ていきましょう。



■住宅ローンのメリットとは?


住宅ローンの最も大きなメリットは、憧れの住まいをすぐに手に入れられることです。住宅を購入するためには、2000万円~3000万円程度のまとまったお金が必要になります。相当高収入な方でもない限り、自己資金が貯まるまで待っていては、いつまでも住宅を購入できません。しかし、住宅ローンを活用すれば、人生の比較的早い段階でも家を持つことができます。


また、住宅ローン利用時に必ず加入することになる、団体信用生命保険(団信)も重要なメリットです。団信に加入していれば、加入者が万が一他界しても、ローンの残りは生命保険金から支払われます。残された家族も、安心して持ち家で暮らし続けられるのです。


さらに、税制面のメリットも見逃せません。住宅ローンを利用して家を購入すると、所得税や住民税などが軽減される制度があります。これがいわゆる「住宅ローン減税(控除)」です。地域によっては、中古住宅の購入や増築・リフォームでも控除が受けられる場合があります。うまく使えば、とてもお得にマイホームを購入できるでしょう。



■住宅ローンはどのように組むの?


住宅ローンはとても便利なシステムですが、ローンを組むことそのものに不安を覚える方もいると思われます。無理なく返済していくためには、どのように住宅ローンを組むべきなのでしょうか。ローンを組む際のポイントを見ていきましょう。


▼融資元

住宅ローンを利用する時は、どこから融資してもらうのかを最初に決める必要があります。銀行から借りる民間融資、自治体などから借りる公的融資、その融合ともいえる公民協調融資(フラット35)といった選択肢があり、それぞれ審査基準や金利が異なるため、十分に検討して選びましょう。


▼金利

住宅ローンのプランには、金利が常に一定の固定金利型と、半年ごとに金利を設定し直す変動金利型があります。契約後に金利が上昇しそうなら固定金利型が、下落しそうなら変動金利型が有利です。2つの中間ともいえる固定期間選択型も含め、長期的に見てお得になりそうなプランを選んでください。


▼返済計画

住宅ローンを組む際は、無理のない長期的な返済計画を立てることが最も重要です。毎月ギリギリで払わなければならないローンを組んでしまうと、何らかの理由で出費がかさんだり収入が途絶えたりした時、返済が滞ってしまうかもしれません。できる限り余裕のある計画にしておく必要があります。


その考え方の基準となるのが「返済負担率」です。返済負担率とは、年収に対する年間の返済金額の割合をいいます。年収の金額にもよりますが、ゆとりを持ちたければ25%前後にしておくのが望ましいでしょう。


また、返済負担率を計算する際は、世帯年収ではなく個人年収を基準にするのがおすすめです。世帯年収を基準にすると、何らかの理由で家族の誰かが働けなくなった時、収入が減少して返済が一気に厳しくなります。生活費やお子様の学費なども考慮し、十分なシミュレーションを行った上で決定してください。



■大平工業は、ご予算から施工までトータルサポート


人生の一大イベントである住宅の購入には、さまざまな悩みがつきものです。住宅ローンを組む時は、自分の収入やライフスタイルともよく相談しなければなりません。


神奈川県藤沢市の大平工業株式会社では、ご予算から施工までお客様をトータルサポートいたします。住宅ローンに関する相談も承っておりますので、「審査に通るか不安」「返済計画が立てられない」とお悩みの方も安心です。夢のマイホームをお持ちになりたい方は、太平工業までお気軽にご連絡ください。


<お問い合わせする>

Tel:0466-34-3291