快適な生活をサポート!新築・注文住宅におすすめ設備を紹介

 


新居を建てる時は、キッチンや水回りといった設備にもこだわりたい方が多いと思われます。数十年に一度の建て替えですから、さまざまな設備を大幅にバージョンアップするチャンスです。自分のライフスタイルに合ったものを上手に選べば、便利で快適な新生活を送れるでしょう。今回は、ぜひ新居に取り入れていただきたい3つの設備を紹介します。



✅ホーム発電システム|地震などの災害時にも役立つ


近年、希望する方が非常に増えているのが、太陽光発電やエネファームといったホーム発電システムです。しかし、何となく「環境によさそう」「電気代がお得になりそう」といったイメージが先行していて、詳しいメリットをご存じない方も多いのではないでしょうか。


ホーム発電システムの最大のメリットは、やはり光熱費の削減につながることです。どのようなプランを利用するかにもよりますが、蓄電池やオール電化といったシステムと組み合わせれば、年間光熱費を最大で80%も削減することが可能となります。家計にとって大きな助けとなるのは間違いありません。


また、余った電気は蓄電池に貯めておいたり、電力会社に売ったりすることもできます。夜間は電気代が安くなるプランを利用するなどして、消費電力を抑えつつ余った電気を売れば、さらなる利益を生み出せるでしょう。電力の使用量が「見える化」されることで、家庭内の省エネ意識が高まるというメリットもあります。


そして、ホーム発電システムが普段以上に役立つのが災害時です。地震や台風によって発電所からの送電が止まってしまっても、ホーム発電システムさえ無事なら、自宅では電気を使うことができます。いざという時に備えたければ、ぜひホーム発電システムの導入を検討してください。



✅オール電化|安全で節約にもなる?!


ホーム発電システムと並び、電気周りの設備で人気が高まっているのがオール電化です。キッチン・暖房・給湯など、あらゆる設備のエネルギー源を電気でまかなうシステムですが、やはり具体的なメリットをご存じない方も多いと思われます。


わかりやすいメリットの1つは、インフラの基本使用量を節約できることです。電気とガスを併用しているご家庭の場合は、それぞれの基本使用料が発生します。しかしオール電化なら、電気の基本使用料に一本化できるため、結果として費用が安くなるのです。


また、夜間電力が安くなるプランと併用すると、さらなるメリットを生み出します。たとえば、夜間に電気温水器を使ってお湯を作っておけば、日中でもお湯を安く使えるでしょう。夜中に蓄熱暖房機で熱を溜めておき、日中の暖房として使うという方法もあります。工夫次第で、光熱費を大幅に節約できるのです。


ちなみに、ガスを使わないのでガス漏れの心配がなくなったり、火災が発生しにくくなったりといったメリットもあります。地震や台風で断水してしまった時も、電気温水器の中の水を生活用水として使用することが可能です。



✅電動シャッター|日々のストレスを少しでも解消できる


地味に見えて、実はとても役立つのが窓シャッターです。台風の多い日本では、強風で飛んできたものが窓ガラスを破壊してしまうことが珍しくありません。窓シャッターがあれば、台風の時でも窓を守ることができ、安全性の高い家になるのです。不審者が侵入しにくくなるので防犯性が高まる他、熱の出入りが遮断されるのでエアコンの効率がアップするというメリットもあります。


また、窓シャッターの中でも特におすすめしたいのが電動シャッターです。高齢者の方がシャッターを1つ1つ開閉するのは、決して簡単な作業ではありません。高齢者の方と同居する場合や、老後の生活を楽にしたい場合は、電動シャッターが向いているでしょう。手動タイプに比べるとコストはかかりますが、設置する価値は十分あるといえます。



このように、最新の設備は私たちの生活をとても便利にしてくれます。それぞれのライフスタイルに合わせて設備を選び、暮らしやすいマイホームを実現しましょう。


神奈川県藤沢市の大平工業株式会社は、「納得の家づくり」にこだわる会社です。素材や工程には決して妥協せず、お客様の理想の家づくりをサポートします。価格表示も諸費用すべて込みなので、わかりやすく安心です。最新設備を取り入れた快適な新居を作りたい方は、ぜひお気軽にご相談ください。


<お問い合わせする>

Tel:0466-34-3291