中古住宅を建て替え!リフォームせずに建て替えを選択した理由とは

 

住まいを快適に暮らせるように新しくしたいと思った時、リフォームにするのか、それとも建て替えをするのか悩まれる方も多いようです。


「家が老朽化して住みにくい」「実家を相続したまま空き家になっている」など、人によって家を新しくする目的はさまざまです。費用面だけみるとリフォームの方が安くすませられそうですが、家の状態によっても費用は変わるので、総合的に考える必要があります。




■リフォームと建て替えを比較



リフォームは建物の基礎部分を残し部分的に改修して住みやすくするのに対し、建て替えは建物をすべて解体し、新しく住宅を建て直していきます。


内容によっても異なりますが、リフォームの相場は500〜2,000万円、建て替えの相場は1,000〜4,000万円になります。さらに建て替えの場合は解体費や廃棄物の処理費、建て替え期間の仮住まいの費用などもかかる点に気をつけましょう。工期も通常のリフォームは約1ヵ月ですが、建て替えの場合は半年ほどかかります。


費用と工期を考えるとリフォームの方がメリットが大きい気がしてしまいますが、間取りに制限がある、大掛かりな補修が必要といった場合は、相場より高額になるなどのデメリットもあります。一方、建て替えは間取りやデザインなど自由な設計が可能です。耐震や断熱などの工事を合わせて行うことで、コストダウンにもつながります。




■リフォームではなく建て替えを選ぶケースとは


それではリフォームより建て替えを選んだ方がよいケースとはどのような場合なのでしょうか。


まず1981年に耐震基準が新しくなっているため、築40年を超えている住宅では大掛かりな耐震化が必要になってきます。耐震化や断熱化、家全体のバリアフリー化などを希望されたり、家の老朽化が進んだりしている場合には、工事や費用の面でもリフォームより建て替えた方がよい傾向があります。


現在住んでいる家の間取りや外観などを大幅に変更したいケースでは、建て替えをすることで不満を一気に解決できるでしょう。




■まずは建物の現状確認を



リフォームでも気になる全ての機能やデザインを新しくすることは可能です。しかし、工事が増えることで費用がかかり、建て替えとあまり変わらなかったというケースもあります。費用と効果のバランスを考えると、リフォームの見積りが建て替え費用の70%を超えるようであれば、建て替えを選択するとよいでしょう。


リフォームか建て替えか悩まれる場合は、新築とリフォームの両方を手掛けている業者に相談してみることをおすすめします。同じ築年数の家でも、メンテナンスの頻度や立地条件によって家の状態は変わってきます。まずは信頼できる業者に依頼をして、建物の現状確認をしてみましょう。




■大平工業は、ご予算から施工までトータルサポート


神奈川県藤沢市の大平工業株式会社では、ご予算から施工までお客様をトータルサポートいたします。住宅ローンに関する相談も承っております。また建材や仕様をカスタマイズしていただき、お客様の希望を反映させたお住まいを実現させます。壁・床・天井から建具まで、あらゆる場所にこだわった理想の家を作ってみませんか? 価格表示はわかりやすくて安心、見積もりも無料で行いますので、ぜひお気軽にご相談ください。



<お問い合わせする>

Tel:0466-34-3291