歴史と新しさが同居する鎌倉で、自然素材のマイホームを 

 

世代を問わず、心を引きつける鎌倉。海と山に囲まれ、古くからの歴史があるだけでなく、最近では感度の高いカフェやショップもできて、さらなる人気を博しています。


鎌倉の魅力は、ほかの街にはない時間の積み重ねが醸し出す、上質な空気感にあります。その一因となっているのが街並み。家のたたずまいも品がよく、上手に時を重ねていることがうかがいしれます。

そんな鎌倉に新居を建てるのなら、自然素材でつくるのがおすすめです。今回は、なぜ鎌倉という土地には自然素材がよいのか、素材の特性をひもときながらご紹介いたします。




■鎌倉の風土になじむ自然素材、そのメリットとは?


海に山と、自然に囲まれた鎌倉。たとえ住宅街でも山が眺められる場所がそこここにあるのが特徴です。そのような環境においては外の自然と室内の一体感を出すために、自然素材で家を建てるのがよいでしょう。無垢の木や自然由来の左官材を使えば、室内でも戸外で味わうようなナチュラルな雰囲気をつくれます。


また山が多いだけに鎌倉は湿気が高めという傾向があります。無垢の木にはすぐれた調湿性能があり、湿度の高い時期には室内の湿気を吸湿し、逆に乾燥しがちな冬には湿度を放出してくれます。

また無垢の木には断熱性もあるため、フローリングに使うと夏は足元がさらりと快適。冬はぬくもりを感じさせ、裸足で過ごすという人も多くいらっしゃいます。

経年で色ツヤに変化が生じてくるので、育てる感覚で付き合っていけるのも、無垢の木のよいところ。ゆったりとした時の流れとともにある鎌倉にはぴったりの素材です。


湿気については無垢の木だけでなく、自然由来の素材を使った左官材も効果があります。大平工業では珊瑚からつくられた漆喰を使っていますが(https://taihei-u110.com/blog/magazine/112739)、漆喰は厚く塗ると調湿・断熱効果があるため、夏は涼しく冬はあたたかな室内環境をつくってくれます。防音効果も期待できるので、静かな環境をお望みの方にはうってつけです。




■自然素材の家って実はそんなに高くないんです


ただ自然素材の家って高そうで……と思われる方もいらっしゃるかもしれません。もちろん工場で生産された大量生産品に比べて安いというわけではありませんが、世間で言われているほど高いわけではないのです。


無垢の木や漆喰などの自然素材は、適正なメンテナンスを施せば、何十年も使い続けることが可能です。メンテナンスといってもたいそうなものではなく、無垢のフローリングなら1年に1回のオイル拭きやワックスがけを。漆喰ならちょっとした汚れは消しゴムでも消せますし、経年でわずかなヒビが入ってもDIYでお手入れが可能です。

大量生産品は一般的には10年ほどで寿命を迎え、全面的に取り替えなければならず、その度に材料費・施工費がかかります。したがって長い目で見てトータルコストで考えれば、自然素材のほうがお得とも考えられます。




■民度の高い鎌倉。細やかな気遣いができる業者を



鎌倉は代々住まわれている方も多く、民度の高いエリア。気持ちよく新居で暮らすためには、工事段階でもご近所への気配りが大切です。せっかく素敵なおうちを建てたのに、工事中の業者の態度がよくなかった……とご近所から白い目を向けられては、いたたまれないですよね。したがって業者は、鎌倉をはじめとする湘南エリアでの実績が多いところを選ぶのが得策です。



大平工業は鎌倉をはじめとする湘南エリアで数多くの住まいを建ててきた実績がございます。鎌倉ならではの気候風土も知り尽くしており、自然素材の扱いにも長けております。価格設定も明解ですので、鎌倉で自然素材のマイホームを建てたい、リフォームをしたいとお考えの方はお気軽にご相談ください。


===================


完全無料「家づくり相談会」実施中

オンラインやご来店で対応可能です

<開催日時>土日 10:00~18:00


“今なら”ご来店いただいた方に

1000円分の商品券プレゼント中


ーこんな方にオススメですー

✓自然素材の家について聞きたい!

✓住宅ローンについて相談したい

✓湘南エリアで工務店を探している

という方はぜひお問い合わせください。


<お問い合わせする>

Tel:0466-34-3291

https://taihei-u110.com/contact


===================