国も支援しているZEH住宅とは? その特徴をご紹介

 

皆さまこんにちは。神奈川県藤沢市を拠点に、湘南エリア(藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、逗子、葉山)、横浜、小田原で新築住宅やリフォームを手がけている大平工業です。


これまでご紹介してきた「Arie」シリーズをはじめ、大平工業では「ZEH(ゼッチ)住宅」にも対応しています。最近知名度を増した「ZEH住宅」はエコロジカルで光熱費もお得、さらに環境にもやさしいと、湘南エリアを好まれる方の価値観にピッタリ。

ただ具体的にはどんな家なのかご存じない方も多いのではないでしょうか。

今回は「ZEH住宅」の特徴やメリットについて、くわしくご紹介します。



■これからのスタンダード、ZEH住宅とは?



ZEH(ゼッチ)とは、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略称のこと。

家庭での消費エネルギーを減らし、その一方で創るエネルギーを増やすことによって、創るエネルギーが消費エネルギーを上回ることをめざした住宅を意味します。


国は2020年までに一戸建ての注文住宅の半数以上をZEHにし、2030年までに建売住宅や集合住宅を含む新築住宅の大半をZEHにする方針を掲げています。すなわちこれから建てる注文住宅は、ZEHがスタンダードになると考えてもよいでしょう。



■創るエネルギー≧使うエネルギー、どう実現?



では、創るエネルギー≧消費エネルギーは住宅でどうやったら実現できるのでしょう。

キーワードとなるのが、「断熱」「省エネ」「創エネ」です。


まず、いかに使うエネルギーを減らせばよいのか。その時に大切になるのが「断熱」と「省エネ」です。


まず「断熱」は、性能の高い断熱材を壁・床・天井の内側に入れたり、断熱性能の高い窓ガラスを使うことによって、家全体の熱の出入りを少なくし、空調設備に依存しなくても快適な温度を保てる家をめざします。


「省エネ」は省エネ効果の高いエアコンや給湯器の設備を導入したり、HEMS(ヘムズ=ホームエネルギーマネジメントシステム)の導入により、少ないエネルギーで快適に暮らせる環境をつくります。


このように消費エネルギーを減らす一方、太陽光発電を導入してお日さまの力を借りることでエネルギーをつくりだす「創エネ」を行います。

この三つの取り組みによって「創るエネルギー≧消費エネルギー」という図式を実現するのがZEH住宅の特徴です。



■ZEH住宅で暮らすメリットとは?



ZEH住宅は、地球環境はもとより、お財布にも健康にも優しいという嬉しいメリットがあります。

例えば光熱費の削減。太陽光で自家発電をすることで電力会社に依存しなくても、生活のための電気を供給できます。また家そのものが高断熱・省エネなので、これまでよりも空調にかけていた費用を減らすことができます。


太陽光発電はさらに蓄電できるシステムをプラスすれば、地震や天災で停電した時も電気には不自由せず、災害への備えにもなります。


また住宅を高断熱にすることは、近年問題になっているヒートショックの防止にも。ヒートショックは、たとえば冬場に暖かいリビングから寒い風呂場に移動する時など、急激な気温差で血圧が変動すること心臓への負担がかかり、心筋梗塞や脳卒中などの原因になると言われています。


さらには住宅の資産価値の向上にも期待が。2016年に国は「BELS(ベルス=建築物省エネルギー性能表示制度)」という省エネ性能を評価する制度をつくりました。省エネに重点を置いたZEH住宅はこの制度において高評価を受けられるため、資産価値が保証されやすいことでしょう。



■性能もデザインも兼ね備えた湘南エリアでの家づくりは大平工業へ


今回はスタンダードになりつつあるZEH住宅についてご紹介しました。次回は、ZEH住宅の補助金や導入の際に知っておきたいこともご紹介します。


藤沢市辻堂に拠点を構える大平工業では、ZEHのような省エネ+高性能な注文住宅はもとより、これまでご紹介してきた「Arie」シリーズに見られるよう、生き生きとしたライフスタイルを実現する住まいをご提案いたします。新築のみならず自然素材を使ったリフォームなども対応しております。まずは資料請求などをはじめ、お気軽にご相談ください。